言いたいことは完結に。

Compactly Completed Comics

ヒロインのことも ヒーローのことも大好きで大嫌いなニュータイプ当て馬 登場。

きょうのキラ君(2) (別冊フレンドコミックス)
みきもと 凜(みきもと りん)
きょうのキラ君(きょうのきらくん)
第02巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

ニノは矢部(←キラのフン)と、なぜかキラを尾行することに。キラが好きな女と会うのかも……と思うだけでドキドキしだすニノ。そのとき、瞳(め)に飛び込んできたのは――。そしてその夜、学校の保健室でキラがキスを!! 相手は……だれ!? なにげない日常に二人が紡ぐ、天国に一番近い恋。

簡潔完結感想文

  • キラ君が好きな人。その人物を調べるために彼を尾行。その正体は意外な人で…。
  • 私が好きな人。キラ君の好きな人が判明。それを契機に自分の胸の痛みを自覚。
  • 笑っていてほしい人。君の後ろに長く残る足跡が、君が一人で歩いた証だよ。

の冷たさで秋の到来を知り、頬の熱さで恋を知る 2巻。

『1巻』の感想文では本書における、
人間の言葉を自由に喋る(『2巻』では文章まで読めることが判明)、インコの先生(センセー)の特殊性を書いた。

『2巻』では性差を飛び越えた特徴的な人が2人登場する。
1人がキラ君の父。彼については後述。

そして もう1人がキラ君のことが気になって仕方がない、
元友人で今はケンカ別れをしている矢部(やべ)君である。

彼の本格的な活躍は、物語の後半になるが、
『2巻』の中でも彼の特殊性は垣間見られる。

それがヒーロー・キラ君に対してのツンデレである。

自分にとって神のような存在であったキラ君が、
最底辺の女であるニノンと一緒にいることが気に食わない矢部。

キラ君の横にいる資格があるのは自分だけだと豪語し、
下着のローテーションまで調べ上げる男。

あくまでも崇拝の対象であるらしいが、
好きな人の前にでると急に素っ気ない態度を取ってしまうのは『近キョリ恋愛』の ゆにちゃん を彷彿とさせます。

f:id:best_lilium222:20210628230506p:plainf:id:best_lilium222:20210628230502p:plain
天におわす神が底辺にいる鳥女・ニノンと仲よくすることを信者は許さない。

こういう言動のおかしい、素直になれない人を描かせたら
作者の右に出る者はいないかもしれません。

矢部君にはキラ君を崇拝するキッカケがあるらしいが、今回、それは語られない。

ニノンの過去も、キラ君の過去も、
一気に語るのではなく、ほのめかして、
一番 効果的な場面で話されるという準備万端の構成が憎い。


『2巻』はキラ君、恋愛編だろうか。
…といっても相手は主人公・ニノンではない。

矢部と共に、放課後のキラ君を尾行することになったニノン。
胸の高鳴りは尾行の緊張感か、
それとも彼の想い人が判明することへの不安だろうか。

実は作中でずっとキラ君の恋愛を描きながら、
明確に立ち上がってくるのは、ニノンの恋心である。

キラ君が好きな人、という存在が
ニノンの中で仮想敵となることで彼女の恋心は確定する。

他にも彼を尾行しながら、キラ君の電車内でのさり気ない気遣いにキュンとする。

人を好きになることで変わっていく自分を自覚して、
彼のために これまでは尻込みしていたことに挑戦を始めるニノン。
恋をすると湧き上がるポジティブな気持ちが よく伝わってくる。


なみに尾行の末に辿り着いたキラ君と待ち合わせした女性(の姿をした人)は、
キラ君の父親だということが判明する。

なるほどニノン母と仲が良いのも分かる気がする。
キラ父は女装をしているだけで性的嗜好が異性に向いていないわけではなさそうなので、
ニノン父としては複雑な思いがありそうな気がする。

まだまだ自分に自信のないニノンだが、キラ父から
「ゆいじ(キラ君)が一緒にいるって決めた子だもん
 それだけ惹かれるものが あったってことよ」
とお墨付きをもらう。

これは病気のこともあり通常よりも濃い親子関係を築いているから言えることだろう。
ただ、父親にそこまで分かることなのか?という疑問もある。

キラ君にとっての ニノンの特殊性を第三者に言わせるのは違和感がある。
こうやって直接 言わせると安直で安っぽさが出てしまう。

それを漫画の中で感じさせるのが作家の仕事ではないか。


して『2巻』ではニノンとキラ君が同じ目的に向かって歩く。

それが学園祭の出店準備。

やる気のないクラスメイトたちは学園祭の不参加を決めていたが、
これが人生で最後の文化祭となるキラ君は
「(死ぬまでに)やりたいことリスト」に「学校行事を まっとうする」の項目を追加していた。

自分が全力で挑める学校行事とし学園祭を定め、
参加する方向にクラスメイトを説得することにしたのだ。

キラ君と学祭委員を務めるのは、ニノンである。
2人きりの孤軍奮闘。
これが学園祭の準備を通して得られるのと同じ仲間意識と連帯感を生む。

f:id:best_lilium222:20210628230546p:plainf:id:best_lilium222:20210628230541p:plain
いつか思い返した時 同じ温度の楽しい思い出になるよう皆を説得するキラ君 ©『アオハライド

が お隣同士ということもあり、学校外でも交流を深める2人。

読者サービスもあり、ややスキンシップ過多なキラ君の
ボディタッチにニノンは参ってしまう。

こういう場面のキラ君は何を思って行動しているのでしょうか。

この段階ではニノンに恋愛感情はまるでないだろう。
モテ男時代の経験が、彼の身体を勝手に動かしているのだろうか。
キザったらしくて、現在のキラ君の心境に不似合いな気がします。
結局、誰にでも手を出す頃と変わりがないように思えてしまう。


そしてスキンシップ先行だと恋愛経験がないニノンなので、
ドキドキが、気持ちよりも先に体が反応しているように見えてしまって残念。

前半は1話に1回開催される「胸キュン見本市」を抑えて欲しかった。


つも以上に共に過ごす時間が長くなる学園祭準備の準備は、
彼らに お互いが知らない新たな面を見せる。

それが如実に表れるのが、キラ君の背中のタトゥー。
自分の身体の弱さ、そして精神の弱さを糊塗するために入れたもの。

自分が好きなだと分かり始めたキラ君には、
自分以外の好きな人がいる現実に苦しみ、一度はキラ君の手を振り払ってしまったニノン。

だが彼の体調が不調をきたし、検査入院する病院にニノンは見舞い、
そして裸のキラ君の身体と心に触れる。

ニノンもキラ君も完璧ではないところが良いですね。

なぜ こんなタトゥーを…、と思わなくはないが、
愚かさの象徴ですし、自分の意思では消えないものという意味もあるだろう。

今回、学園祭にキラ君がこんなにも注力するのは、
未来がない彼にとって最後のという意味もあるが、彼の過去の反省でもある。

矢部の厭世ムード作りもあって、なかなか上手くいかない参加者集めを、
キラ君は自業自得の因果応報と思っている節がある。

心身ともに弱り、正直に語るキラ君の姿を見てニノンは、ある決意をする…。

きっとキラ君の存在が読者にも影響を少なからず与えるだろう。
人は傲慢だから、身近な死を意識することで、有限の生が意識される。

だから無気力に生きて何も得ない毎日よりも、
衝突や苦労があっても思い出を残したいと思う人は少なくないはず。

それだけでもキラ君が生きた意味はあったんだよ、と彼に伝えてあげたい。


ノンは全力でキラ君の分まで責務を果たそうとする。

ニノンにとって話したことのないクラスメイトに自分から話すことは普通の人以上に大変なこと。

自分が傷つくかもしれない、また嫌な思いをするかもしれない。
でも そんなトラウマを払拭するほどに強い想いが彼女の中に生まれたことの証明になる。

恋は人を強くする。
生まれて初めての彼女の恋を読者としては全力で応援したい、が…。


園祭準備の結末は意外なものだった。

これは想いだけではどうにもならないという厳しい現実の一端か。

こういうシビアな展開を見せるとなると、
キラ君の命もどうなるか分からないという緊張感が生まれる。

先生のファンタジー設定があるからと胡坐をかいていた私など、
気を取り直して、正座する気分であった。

この辺の話の緩急のさじ加減は素直に上手い。

名前で呼んでもらっただけで、ニノンは報われる思いだろう。
だが、恋心は報われないことも決定している。

前進しているようでしていなくて、
そして時が前に進むと彼の命が尽きてしまう。

なんて悲しい物語なのだろうか。


気になるのは絵のデフォルメが多いこと。
超絶クオリティの絵と、それ以外で相殺して時間を捻出しているのだろう。

多少 仕方がない部分もあるが、
通常の頭身を保った絵で描き続けて欲しかった。

これが読者に受けると分かると、手抜きの始まりになる気がする。


「私の彼を紹介します ~蜷川くんVer.~」…
一緒にいて そんなに楽しくないくらい彼氏・蜷川(にながわ)くん。
そんな2人の関係性はまた別にあり…。

彼氏が仕事の時だけ覚醒して、本音を言うとなると
彼女の場合、自分から危険に身を晒してしまいそうだ(笑)

これは作者の別の作品の続編ではなく、
講談社のオムニバス作品集「制服男子を征服せよ」に収録された作品なのかな?