言いたいことは完結に。

Compactly Completed Comics

嘘を制する者は恋愛を制す。嘘を流布して既成事実に仕立て上げ、人を窮地に追い込む情報強者。

ライアー×ライアー(6) (デザートコミックス)
金田一 蓮十郎(きんだいち れんじゅうろう)
ライアー×ライアー
第06巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★★★(8点)
 

高槻湊(たかつき・みなと)21歳。友達の高校時代の制服で変身中、義理の弟・透(とおる)に別人として惚れられてしまい、つきあうことに……! 透が同じサークルに参加してからきょうだいとしての距離も近づいていく一方、湊の秘密を知る元彼・烏丸(からすま)くんや塚口(つかぐち)先輩がどこか不穏な様子……!? 話・題・沸・騰の二重恋愛コメディー、恋の迷宮編突入!

簡潔完結感想文

  • 優しい嘘。好きな人の負担にならないよう自分の気持ちを嘘にする素敵な男性たち。
  • 血のバレンタイン。秘密を握る者、隠したい者、権力を持っているのはどちらか?
  • 2番目に好きな人の要求は欲求不満の解消⁉ それで1番好きな人を守れるなら…。

様の最後の悪あがきでコメディ要素が消失する 6巻。

…と言っても「最後」と書いたように、今回で悪あがきも終了。
身辺を綺麗にするために、一度 汚れを浮かび上がらせるのが『6巻』の目的。
嘘で汚れた身体が、段々と洗い流されていきます。

『6巻』は本書の中でも一番 暗い内容と言えるのではないか。

本書の中で主人公・湊(みなと)のついた嘘を神の如く ほぼ全て把握しているのは2人。

湊の友人・真樹(まき)ちゃん と、湊の元カレ・烏丸(からすま)くん。
真樹ちゃんは完全に物語の外にいる人だが、
烏丸くんは湊に好意を持ち続け、その周辺の者に直に接触する最重要人物。

その現人神・烏丸くんが今回、嘘を活用して湊の行動を掌中に収める。

自分の ついた嘘でドツボにハマっていく湊とは対照的に、
烏丸は嘘の伝播によって自分と湊の交際を既成事実化し、
その上で、湊の退路を断ち、本当に交際を事実にしていく。

嘘を上手く用いれば、好きな人も思いのままになるという実例を見せてくれている。
(まぁ、湊も みな という嘘の人格で良い思いをしているのだが…)


今回の湊は これまでにも増して、地に足のつかない
流されるままで、少女漫画の典型的なダメ主人公になっている。

誰一人として幸福な描写がないので『6巻』は少し苦手です。
逃げ道なしのクロードサークル状態の雪の山荘で迷宮入りした事件は恋でした。


ただ 今回、優しい男たちの優しい嘘の お陰で湊のモテ期も一段落する。
これによって恋愛問題は本来の湊と みな と透の、二人三脚ならぬ二人三角関係に戻る。

重苦しいけど問題は整理され、本題へと切り込む準備が整った。


者は これまでも様々な理由を付けて、湊の行動の方向性を制限してきましたが、
今回は、脅迫や背徳感から方向が決まるので、息が詰まる。

そして いよいよ嘘が 込み入り過ぎてきました。
誰が何を知っているのか、誰に何を騙しているのか、考えることが多すぎる。

同時に、こんな嘘に囲まれた生活なら思考も停止して
状況に流されるままになるよなぁ、と湊に同情してしまう。


にしても湊が髪をまとめてお団子にすると、
異性を寄せ付けない妨害電波発信装置にでも なるのだろうか。

そして髪を下ろすと可愛い本来の魅力が出てくるみたいだ。
湊が女子高生・みな として電波発信機を解除したことがモテ期の始まりと言える。

となると透が急にモテた中学生の頃に、
湊も髪を結ばずに下ろしていれば同じようなモテ期が到来していたのかもしれない。

『5巻』の裏表紙下のおまけネタ漫画で、
湊のお団子が落ちるネタも、彼女の完全なる脱皮を意味しているのかも。

まぁ サークル関係では塚口先輩だけは、妨害電波を出していた頃から湊のこと好きみたいですが。
彼は烏丸よりも想いが深いかもしれない。


そんな塚口先輩と湊は映画に行くことに。
彼もまた、スキー合宿で見た髪を下ろした湊が「死ぬほど可愛かった」らしい。
湊は髪からフェロモンでも出てるのか⁉

告白すれば秒で断る準備をしているのに、
塚口先輩は告白してこないから関係が断ち切れない。
ヘタレです。

湊の映画の好みを透に聞く塚口先輩。
ついでに自分の湊への好意を聞かれるがままに肯定する。

ここでは透が湊の映画の好みを熟知していることが重要でしょう。

f:id:best_lilium222:20210514203338p:plainf:id:best_lilium222:20210514203332p:plain
サークルの新入りの透に対しても面倒見のいい塚口先輩。彼から学ぶ姿勢は たくさんある。

塚口先輩は、姉弟の仲が良好になってからの2人しか知らないが、
親の再婚、同居して間もなく険悪な関係になった2人なのだ。

家庭内では会話も少なかったのに透は姉のことをよく知っている。
それがなぜか、というのは重要な伏線と思われる。

そして再読の場合、塚口先輩の軽率な行動が分かる。
彼の湊争奪戦への参戦が透に多大な影響を与えただろう。

「…なにも しないまんま諦めたら 後悔 残る気がしてさ…」

そう言っていた塚口先輩は湊に告白したが、嘘にしてしまう。

告白するにしても映画 見て食事してからにすればいいのに、と思わざるを得ない。
食事場所を探すためにフロアガイドを見ている最中に急旋回して告白しちゃうんだもの。

告白のムードを演出するとか、そういう細かな駆け引きは無し。

まぁ 唐突に告白したから、それを冗談として流せるだけの余地があったのだけど。


塚口がついた嘘は、困った顔を見せる湊のことを思い遣る嘘だった…。


してバレンタインデー前日に2人で会った湊と烏丸の会話で、
これまで秘してきた烏丸が胸の内を露わになる。

今回、烏丸は嫌なヤツになってきているけど、
きっと烏丸自身が一番 自己嫌悪に陥っていると思われる。

でも それほどまでに湊を手に入れたい烏丸の欲望がそうさせるのだろう。

湊たち姉弟にとって中学のあの夏の日が、時間が止まってしまった瞬間なら、
烏丸にとっては小学校の塾の帰り、
気になっていた湊に声を掛けられなかったあの日が運命の時なのだろう。

その湊と大学生になって再会し、一時的にとはいえ彼女になった。

けれど1年ちょっと前のクリスマス当日に振られ、
そして湊の嘘を知り、探りを入れると自分のライバルは彼女の義弟。

そして彼女に他人には大っぴらにされたくない秘密を知っている自分は湊の命運を握っている。

図らずとも(いや十分 図ったか?)権力は烏丸はある。
不完全燃焼の交際と、保持する権力が彼を変質させてしまったのだろう。


湊が知られたくないこと、
それは別人格とはいえ、義理とはいえ姉弟で恋愛をしていること。
自分本位の嘘に一方的に透を巻き込んでしまった罪が露になる。

折角広がった透の世界の住人から、透が非難されることが今の湊の最大の恐怖。

本当に、この順番が上手いですね。
恋愛以外に透の幸せが出来たことが、きちんと湊を追い込んでいる。


うして脅されるまま、流されるまま烏丸と再交際が始まる。

前回は、透と みな(湊の別人格)の お別れ期間中での烏丸との交際だったが、
今回は完全に二股状態である。

受験生設定の みな が透と接触していないので、
前日は別人格で透と、今日は本人として烏丸と、
という連日、男と交際するような描写は無いのが救い。

まぁ、携帯電話を2台持って、それぞれ別の男と連絡している時点で罪深いが。


今回は、烏丸の交際が家族やサークルに周知となる。

そして湊に彼氏が出来たと透から聞いた母の策略により、
烏丸を初めて自室に入れる事態にも発展。

しかし湊の貞操を心配する母の采配で監視者として透が部屋に設置される。

f:id:best_lilium222:20210514203046p:plainf:id:best_lilium222:20210514203041p:plain
娘の彼氏を家に招きたいが間違いは起こして欲しくない母。本書最強のキャラかもしれない。

控えめに言って、地獄絵図。

しかも烏丸は以前、透から箝口令を敷かれていたはずなのに
透に彼女との近況を、湊の前で聞き出す始末。

完全に悪役令嬢に堕ちてますね、烏丸くん。

烏丸くんの透への当たりが強いのは、
彼の第六感が、湊をめぐる最大のライバルだと訴えているからでしょう。


実は これまで湊の部屋に入ったことある男性は透の友人・桂(かつら)くんのみ。
それが烏丸、そして透と続いて入室する。

この場面、ネタバレ感想すると、
烏丸がキョロキョロ部屋を見回すほどに嬉しかったように、透も嬉しかったのかな?

潔癖症とヤドカリの飼育があるために、お互いを部屋には絶対に入れなかった姉弟
それが遂に、変則的な形態ではあるがお互いの部屋の行き来が果たせたのだ。

そして烏丸帰宅後、透は湊の部屋を訪ねる。
これも史上初の出来事かもしれない。

烏丸のギスギスした態度は、透の見立ては欲求不満だという。
「イチャイチャさせてあげたら」、という助言までくれる始末。

この場面、湊は取り乱して、混乱するだけだが、
好きな男に他の男とイチャイチャしろよ、と言われるのは辛いものがある。
湊として透への想いが果たされる可能性は限りなく低いということだ。


またまたネタバレ感想としては、
この時点の透は烏丸と湊が上手くいくことを望んでいるのかな。

自分には みな がいるし、湊の幸せを望めば烏丸は合格点なのだろう。
(誰にも合格判定を出しているようには見えないだろうが)
透と烏丸が上手くいかないのは みなを巡る問題の時だけだ。


丸との歪な交際は続き、2人は週末に遠出をする。

その夜は勝手にホテルに宿泊することにしていた烏丸。
湊に対しての脅迫も最大に達し、肉体関係を求めてくるが…。

湊は烏丸を最後まで良い人だと思っている。
それは彼女の思い込みではなく、どう考えても悪い人ではないだろう。

だけど焦燥が彼を変えた。
だから湊は烏丸を責めない。
自分の失敗の連続を責める。

その優しさが烏丸に完全に諦念を植えつける。
弟のためにそこまで出来ること、
烏丸を責めずに自分を責める湊の純粋さを目の当たりにして
彼の身体を巡っていた毒気が浄化されていく。

湊の純粋な想いを傷つけることは、優しい烏丸には出来ない。
だから今度は自分から別れる。
自分と、自分の大切なモノをこれ以上 傷つけないように…。


重苦しい巻ではありましたが、
長らく暗躍していた烏丸の行動も これで一段落。

ということは、終わりは始まり。
次巻からは新たな展開があるということを意味する。

いよいよ みな消滅の時が近づいてきます。

烏丸を傷つけたことが湊に決意を固めさせる。

しかし風呂上りに、みな から透宛てののメールを長時間 推敲しすぎて風邪を引く湊。
風邪回ですね。

どうやら透が看病回になるみたい。
烏丸の訪問時に透が部屋に入ってきたのも、この予行演習だったのかもしれませんね。

湊の部屋に入るのが2度目なら勝手に入る時の心理的障壁は低いだろう。
烏丸は踏み台だ。当て馬で踏み台。


まけ漫画「番外編1 エイプリルフールのふたり」は、結構重要な伏線ではないか。

みな と透でお部屋デート中、エイプリルフールに嘘をついたことがない透と嘘つき合戦が開催される。

でも、みな = 湊は簡単に嘘が思いつくが、透は全く思いつけない。
「透は嘘をつけない質(たち)」というのが湊の結論。

嘘つき女の姉と、根っからの正直者の弟。

ということは、透は みなとの関係において嘘はないのではないか、とも推察される。

書名の『ライアー×ライアー』は「ライアー(湊)とライアー(透)」の
騙す側と、騙される側も嘘をつき続ける関係に由来すると推察していたが違うのかもしれない。

「番外編2 サークル×バスタイムは、男性陣の入浴中に語られる兄弟関係の話。
会長に弟が、塚口先輩には兄がいる設定。
まさか全員の兄弟が漫画に出てくるとは思わなかったなぁ。

本書は「シスター×ブラザー」「ブラザー×ブラザー」漫画かもしれない。