言いたいことは完結に。

Compactly Completed Comics

女子高生のフリをした女子大生の私が、実はオタサーの姫だったことが判明!

ライアー×ライアー(4) (デザートコミックス)
金田一 蓮十郎(きんだいち れんじゅうろう)
ライアー×ライアー
第04巻評価:★★★★(8点)
  総合評価:★★★★(8点)
 

私×義弟×元彼×私=私の恋の終わり…ってことなのか!? ――高槻湊(たかつき・みなと)20歳。友だちの高校時代の制服で変身中、義理の弟・透(とおる)に別人として惚れられてしまい、つきあうことに……! でも、次第に姉の自分として透を好きになってしまった湊は、あこがれの人・烏丸(からすま)くんと別れていろいろがんばっていたのだけれど…? 話題沸騰! 二重恋愛コメディー!

簡潔完結感想文

  • 秘密の共有。本書の現人神・烏丸くんの宣託は「気持ち悪い」。烏丸くんも意地が悪い。
  • 燃え上がる夏。彼氏と海に行って そのまま彼の家に お泊り。別人格でも幸せになりたい。
  • 第3の男、第3の人格。世界に広がる二重生活の輪。先輩の俺様キャラはツンデレキャラ⁉

装して男どもから恋心を収集するハニートラップの 4巻。

情報の偏在が顕著になっていきます。
偏っている場所は主に2つ。

1つ目が主人公・湊(みなと)。彼女は女子高生ギャルの化粧を施して、
男たちに近づき、彼らの純粋な恋心と素顔に触れる。

2つ目が湊の元カレ・烏丸(からすま)。
彼は無関心の仮面を被ることによって、執着する湊周辺の情報を得る。

本来なら知らないでいられたことを知ってしまったことに困惑したり、
知っていることなのに知らないふりをしたりと、
なかなか ややこしくなり始めた本書の内容。

ただし、主人公の湊は頭の回転が速い方でもないし、
情報処理速度も遅めなので、行き詰まったら、
友人・真樹(まき)ちゃんに相談するので、論点がいつも綺麗に整理される。

潔癖症の湊は真樹ちゃんの部屋を、趣味である掃除で綺麗に保つが、
真樹ちゃんもまた湊のモヤモヤを片付けてくれていることが分かる。

真樹ちゃんは完全に外部の人で、狂言回しとして描かれる。
本書の本当の神は彼女だと言えよう。

もしかして、真樹ちゃんは湊の心が作った最初の人格で、現実には存在せず、
真樹ちゃんの部屋は、湊の心の中にしか存在しない…、
という驚愕の展開を思いついたが、
大学の構内で3人で会話しているシーンが『5巻』で、
その前に『1巻』から合コン参加者として一堂に会していたので否定されました。

大どんでん返し としては面白い真実だと思ったけど…。


巻のラストで「みな」の状態で烏丸に遭遇してしまった湊。
透とのデート前の みな が、湊の携帯電話で烏丸と通話し、
目の前に彼が出現したから言い逃れは出来ない。
更には、透が2人の前に現れて、カタストロフ寸前…!

この場面、透が烏丸を引っ張って男同士の会話に突入する。

「姉ちゃんに似てるけど別人だから」
と 烏丸に言う透は「みな=湊」の真実を口止めしているようにも見えますね。

透が全てを承知の上で交際しているとする見方が強まってきた。

そして適当な言い訳もこしらえられない湊は、後日 ほとんどの事情を烏丸に話す。
こうして全てを知る神の視点を持つ者が誕生します。

しかし そんな烏丸は、湊の透への気持ちを知った上で、意地の悪くネガティブな発言をする。

「ちょっと理解できないかも」「気持ち悪いなって」

f:id:best_lilium222:20210512203426p:plainf:id:best_lilium222:20210512203423p:plain
透に感じた性への嫌悪、そして烏丸は自分の恋愛に嫌悪を示す。キレイでいたい湊であるが…。

この言葉は後々まで湊の心に引っ掛かり続けることになる。

烏丸は自分の家族、妹と自分を引き合いに出して そう告げる。

でも、冷静に考えてみれば連れ後同士、中学生の直前に家族になった者と、
本当の兄妹を同レベルで語っているんですよね。
湊の中では混同してしまっていますが。

そして「応援はできないかも」というのは
湊の姉弟関係が倫理的に問題があるのではなく烏丸個人の嫉妬からでしかない。

でも、烏丸を聖人化している湊は神に否定された気持ちになる。
自分の気持ちが許されざる恋だと思い始める。

これは恋愛面においても潔癖な面があった湊には重い言葉だろう。
素直に認め始めた自分の心、初めての恋心は、
他者から見たら嫌悪の対象になるのだと思うのは足元から崩れる感覚だろう。


そして順調に思われた みなの恋愛も、湊の心理が影響し、彼女の後ろめたさを倍加させる。

そして状況を打開したい湊方面からの透攻略作戦は、効果を上げず頓挫目前。
こうして湊は みなでしか幸せになれる道がなくなっていく…。
息苦しいですね。


格化した烏丸の言葉に洗脳状態の湊。

一時は烏丸も先日の発言を撤回するのだが、
湊が、透との関係を清算すると言い出して、
再交際に希望を見出した烏丸は彼女の思想を支配下に置こうとする。

烏丸は神や聖人君子なんかではありません、教祖様です。
かなり計算高い人です。
これもまた恋愛の駆け引きだとは思うのですが…。

烏丸は、一方的な精神的ライバルである透の前で、
湊が烏丸家に遊びに行くことを知らせるように話し出す始末。

烏丸は透が、みな=湊と分かって付き合っている説を採用しているみたい。
だからこそ自身の背水の陣を感じ、彼らしからぬ自己中な行動を取るのだろう。


まんまと烏丸の罠にハマる湊ですが、
優柔不断で流されやすい湊は操りやすそうだ。

これは女性に対しての透の姿勢と結構似たモノがあるかも。
相手に委ねていると楽な部分もあるのでしょう。

烏丸の友情・良い人メッキが剥がれるとしたら、
部外者で冷静な真樹ちゃんからだろうが、彼女は物語に入ることを許されていない。


湊には烏丸と本気で喧嘩をして欲しいなぁと思う。
取り繕った上辺ではなく、余裕を失くした烏丸が露出させる本性が見たい。
思い通りにならないと、キレるタイプなんじゃないかと思う。


兄妹間の空気を見るために向かった烏丸家では、
妹さんに来客があり、兄妹の会話や雰囲気を感じられず、
湊は烏丸の部屋で楽しく談笑するのみ。

烏丸は湊の帰宅後、自室で長い髪の毛が落ちてないか探してそうですね。
ストーカーになるタイプな気がするが、どう決着が付くのか。

ちなみに妹さんのお友達・花屋敷(はなやしき)さんが、
みな にあんまりにも似ているんで、この世に3人いるそっくりさんの最後の一人だと思いましたよ。

湊=みな、ではない別人で同じ容姿の人間が、
透と出会ってしまったからさぁ大変、という流れだと予測していたが違いましたね。
ここは単に画力や雰囲気の問題だったみたい。


ここでの花屋敷さんの役割は廊下で盗み聞きするためだけにある。

烏丸が 妹と仲よくないと湊に嘘をついたことを、妹に伝える役割。

そして彼女が立ち聞きし、妹に伝聞することで、
湊が帰路についてから、妹が当日の予定を何も聞かされていないこと、
本当は人並み以上に仲が良い兄妹であることが話される。

なぜ花屋敷さんがいるかといえば、
烏丸の妹さん、結構 直情的な感じの人なので、
彼女自身に立ち聞きさせると、直ぐにでも扉を開けてしまうから、
花屋敷さんを用いて間接的に伝えて、湊との時間を邪魔しない、
真相を遠ざけ、後で披露するためのシステムだろう。

作者も烏丸くん並みに狡猾に物事を配置しているなぁ。


中が夏休み中ということもあり海回。

みなで透といる時は潔癖症など考えずに、本心から楽しめている。
そして単なる恋する一人の女性になっている。

f:id:best_lilium222:20210512203551p:plainf:id:best_lilium222:20210512203547p:plain
長時間一緒に過ごす内に、どんどん彼に惹かれて心身共に許し始める、とも読めるが…。

「もうすぐ帰る時間がくるのが まるで何年も会えなくなってしまうかのように
 寂しく感じてしまう もっと一緒に居れたらなあ」
なんて湊の状態では お目にかかることのない乙女の台詞だ。

そんな彼女の心境は一つの閃きを生む。
この回は海回かと思ったらお泊り回となった。

その夜には 湊は みなとして次の関係に進む覚悟を決めるが、
透はそれ以上を求めない。

いつまでも胸を張って誠実な関係でいたいのだろう。
いずれ結婚するんだから、結果は同じだと思っているのだろうか。
(烏丸にも そんな風に考えている節があるなぁ)

理性が性欲よりも勝るなんて聖人君子は君だよ、透。

でもこれ、透が みなの正体に気づいているとなると、
「ヤケになってる」湊を落ち着かせようとしたとも考えられますね。

確かに今の湊は自分が本当に「気持ち悪い」なら
性的にも とことん堕ちてやろうという気持ちがあるのではないか。

または透が抱きたいのは みな ではなく湊だという本心もあるだろう。
これからは透の方が、心理的障壁で前に進めない可能性もあるかも?


休み中には、みな と、サークルの塚口先輩に接点が出来てしまう。

飲み物を塚口先輩の靴にかけてしまい弁償を申し出ると、12万円だと言う。
持ち合わせがないので、後日連絡をするという理由で連絡先を交換する2人。

この場面、塚口先輩のことを知らないと、ただの たかり やナンパの手段にしか見えないぞ。
恋愛経験ゼロで男を自ら遠ざけていた感のある 湊の防御力の無さが露呈しています。


ただ、塚口先輩は本物の金持ちらしく、おそらく靴は本当に12万円なのだろう。
しかし金持ちだからこそ、靴代の弁償を簡単に水に流せるようだ。

しかし それでは申し訳ない湊は 塚口の話し相手になり、
いつの間にか恋の相談に乗ることに。

やっぱりナンパじゃないか?
遠回しな脅迫じゃないか? と思わざるを得ないが。


して ここに第3の人格「野口(のぐち)みき」爆誕します。
これまでと同じ「みな」としなかったのは、被り過ぎを避けたからみたい。

これで透、烏丸、透の友人・桂(かつら)くん、
そして塚口先輩と「野口さん」の世界は広がっていきますね(苦笑)

そして みき として接する内に塚口先輩の自分への恋心を知ってしまう湊。
サークルの周先輩(塚口と同級生)は、塚口の恋に気づいている様子だったが、
湊は色恋に疎いこともあって、本当に青天の霹靂の様子。

しかし塚口先輩は、いつから湊のことを好きなのだろうか。
『2巻』のサークルの京都旅行では湊と烏丸の中を既に探っている様子があるが。

烏丸くんは、小学生の時の塾から湊に惹かれており、
湊の方に恋愛スイッチが入ってから再会しているが、
塚口先輩は そのスイッチがオンになる前からサークルで関係があった。

もしかして湊が新入生としてサークルに加入した頃だったりするのだろうか。
だとすると かれこれ3年目の片想い か。

本書の男性は どいつもこいつも純情すぎる!
だから大好きなんだけど。


の展開、逆ハーレム漫画と化している と非難することは簡単だが、
塚口先輩は、潔癖症をこじらせてる湊のことを好きになってくれた人、
という立ち位置に特徴があると思われる。

別人格の みな が好きな透、
小学校からの淡い恋を蘇らせた烏丸くんとは また違う入り口なのだ。

これは湊にとっては、とんでもない自己肯定感を もたらすのではないか。
しかも どうやら相手は金持ちらしいし(笑)
金持ちの純情なんて、将来的に楽しい思いしか待っていないだろう(俗物)


塚口先輩に湊の周辺情報を洗い直してみれば と助言する「みき」だったが
彼は直球型だから、烏丸くんの動向を探ると同時に、自分の恋慕を相手に気取らせてしまった。
あぁ、また烏丸くんに情報が集まり、神に近づいていくなぁ。

だが、塚口 → みきルートから、烏丸くんの嘘が湊にバレる。
烏丸は湊と現在進行形で交際していると明言したのだ。

情報を制するものが、恋愛を制するのだろう、か。


が、自分が「オタサーの姫」と化していることを知った湊は、
楽しかった大学のサークルの時間に胃が痛くなり、意気消沈。

これまでサークルが楽しかったのは、
男女ともに ここには恋愛要素が一切ないと思っていたからだろう。

自分が隅々まで掃除が出来る清浄なる世界だったのに、恋愛沙汰が持ち込まれる。
まぁ、今の湊には 恋愛そのものへの嫌悪感は薄れているだろう。

ただ 自分が その渦中にいて、完全にキャパオーバーの事態なのが困るのだ。

そんな疲弊する湊に大学で声を掛けたのは、ここ しばらく出番の無かった透。
母から湊が元気がないと聞き、初めて大学で話しかけてきたのだ。

そんな気遣いを見せる透に かつて念書を書かせた大学での接触禁止を解除する湊。
湊と透の微かな雪解けですね。
それは無表情の透に、笑みを浮かべさせるほどのことだった。
そして湊は それが とても嬉しい。

が、この姉弟の満たされた顔を神の視座で見ている男が一人。
烏丸である。

暗黒面に堕ちた神は、次巻で何をしでかしてくれるのか…。