言いたいことは完結に。

Compactly Completed Comics

想って想われ 振って振られて。折り返し地点を過ぎたので 鏡面世界に入ります。

ヒロイン失格 6 (マーガレットコミックスDIGITAL)
幸田 もも子(こうだ ももこ)
ヒロイン失格(ひろいんしっかく)
第06巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

弘光とハイパーリア充な日々を送る、幸せ絶頂のはとり。一方、中島から「安達さん捨てて、あんたもちゃんと傷つきなよ」と一喝された利太は、ついに安達との別れを決断!! これにて一件落着…かと思いきや! あの冷静沈着なツッコミでお馴染みの中島が…!? 恋愛模様は大混戦に突入!!!!!

簡潔完結感想文

  • 別れ。直接言う勇気は出ないが、聞かれたら開き直る。彼氏としてサイテーの利太。
  • 弱っている男に弱い女。親友の代わって慰めていたら彼にトキめく愚かなる自分。
  • クリスマス回。自分の気持ちに正直だから一番の関心事の中島邸 偵察をする聖夜。

ロインが合格しましたので、次週から『ヒーロー失格』を放送いたします、の 6巻。

全10巻の折り返し地点『6巻』に突入した本書。

ここからはヒロイン・はとりがリア充で、ヒーロー・利太(りた)がヒーロー失格の、
『1巻』の時点とは鏡写しの世界が展開されます。

連載当初からは考えられない裏返しの世界である。
狭い世界でのパワーバランスの変移が目まぐるしい。

でも裏返しの世界だからこそ、見えてくるものが たくさんある。

利太への失恋から始まった はとりだが、
今度は利太に好きと言われて、
幼なじみとして好きだが気持ちには応えられない複雑な思いを抱く。

これは『1巻』の時点の利太の気持ちをトレースする手掛かりになる。

はとりの想いを知りながら 安達(あだち)さんと恋愛していた利太。
だが つかず離れずの利太の行動が はとりに一縷の希望を見せてきた。

今回、追う者と追われる者が逆転することによって、
罪悪感や対抗心、簡単には割り切れない気持ちが はとりにも生まれる。

現在の はとりを理解することは、過去の利太を理解することでもある…。
利太の気持ちを分かった上で、また『1巻』を読み返したくなる という構造が秀逸です。


『5巻』の感想でも書きましたが、冷静に考えると、
学校のミスコン1位、2位の2人から本気で好かれている
少女漫画の典型的ヒロインとなっている はとり。

2人のうちどちらを選ぶというぜいたくな悩みじゃないから見ていられるが、
実はリア充 度が半端なく、読者が はとりに爆発しろと思う恐れも秘めている。

女性の敵は女性。はとり には慎重な選択が求められるが…。


頭は、利太と別れの危機を覚え 不安にさいなまれる安達さんを励ます、
はとりの王道ヒロイン行動が見られる。

でもこれ実は 邪道ヒロインの行動ですよね。

はとりは 自分の交際の安泰を守るために、
安達さんに利太の行動を抑制してもらおうとしているだけだ。
間違っても、安達さんへの友情とか利他的な心はない。

そして この時、少女漫画ヒロインに よくあるような本当は胸の中に秘めている
利太への気持ちを抑え込むためという お決まりの展開は、はとりに限ってない。

彼女の気持ちはいつも目の前の人(もっといえば自己中に自分の幸せ)にしか向けられていないから。


が 利太はそんな女性たちの心を無視して、自分の言いたいことを言うだけ。
(この辺りも 在りし日のウザい はとりによく似ている)。

放課後の教室で はとり に一方的に自分の思いの丈を伝え、笑顔を見せる。

f:id:best_lilium222:20210503193010p:plainf:id:best_lilium222:20210503193006p:plain
どんな形であっても 好きな人と関わる、そういう人に私はなりたい。

が、安達さんは それを廊下で立ち聞きしていた。
安達さんを振ることを躊躇していた利太は、観念し 安達さんに別れを告げる…。

この別れの切り出し方、彼女への配慮のなさ、自分勝手な感じが、
『5巻』の巻末に載っていた番外編の弘光とは対照的ですね。

まさにヒーロー失格。
その名に恥じない小物ぶりを利太は見せてくれます。

これまでは肉体関係を重視した後腐れのない関係ばかり築いてきたけど、
安達さんとは人として向き合った初めての交際をした。

だからこそ、彼女に別れを告げる勇気がなかったのだろう。
悪者になりたくない、そんな自分の醜い心とも向き合った 一つの別れであった。


そして 手酷い別れを告げた自分に涙を流す利太を見て、
それを割り切れない思いで見つめる はとりもまた かつての利太の姿だろう。

落ち込む その人に手を差し伸べる資格も勇気もないのは どちらも同じである。


を差し伸べるに差し伸べられない はとりに代わって、
利太を気遣いを見せるのは中島(なかじま)だった。

安達さんと別れたことで、利太に悪評が立つ。
利太は二股の末に安達さんをこっぴどく振ったという噂が広まり、利太は孤立。

だが、二つ名とは違い、決して愚かではない中島は、利太の心の変遷がしっかり分かっている。
不器用な利太が傷ついていることも分かってしまう彼女に、利太を好ましく思う気持ちが出てきて…。

鏡写しの構造としては、落ち込んでいる はとりに近づいた弘光(ひろみつ)と同じように、
涙する利太に近づく者が必要なのだろう。

捨てる神あれば拾う神あり で、この時点で はとりに愚かな行為をさせないためだとは分かるけど、
全体からすると蛇足かな、と思ってしまうのが正直なところ。

でも時間差鏡面世界だから仕方ない。
はとり がされたことを、利太もされないとバランスが悪い。


利太は弱いけれど自暴自棄にはならない様子。
淋しさに負けて誰でもいいからと縋ったら、さっさと中島と関係を結んでいただろう。

そこはヒーローの面目を守ったようです。
彼も一つの恋を終えて 成長したってことなのかな?


接は手を出せない はとり もずっと利太のことが頭から離れない。

そんな心ここにあらず の彼女を見て、
弘光は条件付きで はとりが利太の側にいてあげることを許す

その条件が、
「ぜーったいに その都度 オレんとこに戻って来る事!」

弘光、心が広すぎます。
小物の利太と、大きすぎる弘光の心。

帯に短し襷に長し。
はとりの心には どちらが最適なのでしょうか。
大は小を兼ねる、とも言うけれど…。


そんな弘光と初めて迎えるクリスマスが近づく。

だが はとりは毎年恒例の中島とのクリスマス回を2人ですると言い出し、
実は2日間一緒に過ごそうとしていた弘光の考えを知らず、1日のみに短縮してしまう。

このクリスマスの はとりの断り方、
友達を盾にして逃げているようにも見えますね。
もしくはプレゼント目当てで、一日で何人もの男と会うだけの守銭奴のようにも。

少女漫画、特に はとり において肉体関係は非常に重要な体験だと思うので、
クリスマスの一夜を弘光くんと過ごしていたら、物語は完結していただろう。

こうやってタイミングが合わないことも恋なのだろう。
大きくタイミングの合わなかった利太と違って、
順調そうに見える弘光とも少しずつ何かが噛み合っていない。

そして お泊りイベントがあれば、クリスマスはあんなことにならなかったはずだ…。


の頃から、大事に想って、余計な心配や無駄に傷つけることを恐れて、
何もかも相談しなかったら、秘密主義みたいになっていく はとり と弘光。

それは中島と はとり の関係も同じ。

失恋で精神的に、風邪で肉体的に弱っている利太の面倒を見る中島。
愚かなる中島は母性本能が強い、母なる中島なのではないか。

利太を心ならずも可愛く思ってしまう中島だが、
その片鱗すらひた隠しにする彼女に はとりは苛立ってしまう。

中島にしてみれば、真に愚かな はとりに、
経過報告をすることの面倒臭さを知っているからだろうが、
はとり は秘密主義の中島を責めてしまい、2人の仲は険悪になる。

はとり の一方的な売り言葉を買い、売り言葉で利太を狙うかもしれないと宣言する中島。

f:id:best_lilium222:20210503193034p:plainf:id:best_lilium222:20210503193030p:plain
余計な言葉で火に油を注ぎ、人に思わぬ行動を取らせるのは本書の特徴。

短絡的な行動で友情を失ったことを激しく後悔する はとり(いつものことだが…)。
更には、クリスマスの夜を中島邸で2人きり過ごすと聞いて はとりは…。


し、はとり と利太の2人の姿が時間差の鏡写しならば、
描かれてないけど、実は利太も はとりと弘光のデートを監視している可能性もあるのか。

今回は はとりによる中島邸の監視だったが、
はとり が覚悟を持って弘光邸にお邪魔した『5巻』では利太が同じことをした⁉

その際は、帰り道に はとりと利太は遭遇しているが、
もしかしたら利太は弘光邸の前の木に登った後かもしれない…(笑)

はとり がした(する)数々のぶっ飛んだ行動は、利太もする(した)可能性がある!


しかし弘光は学校のどこにでもいるな(笑)
家政婦並みに盗み聞きをしている。
神のごとき情報網は その足で稼いでいるのかもしれない。


さて、もう一人の当事者、安達さんは学校を しばらく休んだ後、
再び登校してきても姿は描かれない。
用済みのキャラは存在しないも同じことなのね、と諸行無常を感じていたら…。