言いたいことは完結に。

Compactly Completed Comics

年上のイトコよりも 俺の方が早く貴女に出会った設定の パラレルワールド合コン開催!

兄友 7 (花とゆめコミックス)
赤瓦 もどむ(あかがわら もどむ)
兄友(あにとも)
第07巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

まいたちの高校で 学園祭の準備がスタート!! くじで学祭実行委員になってしまったまい。屋台なし・仮装なし・ライブなしの地味~な学園祭だったのだが、今年から急きょ『派手』にしなくちゃいけなくなって…!? 新キャラ(リッチな後輩)登場、雪紘に恋する小学生(!)登場、まいが合コンに参加!?? な壁ごし&つつ抜けLOVE、第7巻!!

簡潔完結感想文

  • 学校内合コン。鬼の居ぬ間の合法的な合コンで好きな人にお近づきになりたい肉食男女2人。
  • 学園祭準備。憧れの派手な文化祭を目前にして立てる計画の多さに目の前が真っ暗になる。
  • 悪人。本書で初めて完全な悪が登場。そのせいで笑いよりも徒労の方が多くなってしまった。

られた資源を有効に使い、出来るだけ再利用して経費節減する 7巻。

いきなり辛辣で申し訳ないが、この『7巻』の後半の文化祭回は、
ちょっとネタに困ったのかな、という感じを受ける。

今回は、主人公・まい たちの通う高校の文化祭が、今年から規模を拡大して、
例年ではなかった出し物など『派手な』学祭をやることになったことで起こる一騒動がメインの話。

だけど これ、『4巻』で雪紘が生徒会を牛耳る経緯での、
雪紘たちの学校での学園祭回と ほぼ同じ内容になってしまっている。

今回、雪紘に頼らなければまた違った印象なのだろうが、
結局は雪紘が出て手腕を振るうという内容で、それが既視感を倍増させる。

ちゃんと伏線が前半に張ってあって、それが機能していく様子は爽快な展開なのだけど。

そして、まい と西野の恋愛関係や気遣いや遠慮といった側面でも既視感がある。
頼られない西野の落ち込みと、頼れない まい の慎み深さという問題は以前もあった。

f:id:best_lilium222:20210126031635p:plainf:id:best_lilium222:20210126031632p:plain
例え彼女の実の兄であっても 嫉妬の対象とする西野。本音を言えば、面倒臭いぞ!

更に『7巻』は『6巻』が恋愛メイン回だったからか、
その反動で、2人きりのシーンが本当に少ない。

会えなくても夜間に2人で電話するシーンなどあればいいのだが、
まい の部屋の壁が薄い問題があったり、西野への遠慮があったりで、そんなシーンもない。

関係性は高値安定なのだろうけど、恋愛の胸キュンがほぼ無い巻となりました。


既視感といえば、スマホアプリと偽物の話も再利用が早過ぎた。
見事な二番煎じで、初回よりも質が落ちているのが気になる。


化祭回は、本書で初めて嫌な人間が登場するのも問題か。

これまでも まい たち七瀬家の父親は割と迷惑キャラではあったが、
彼はウザい言動をすれば しっかりと息子(雪紘)から鉄拳制裁を くらっていた。

だが、今回は悪役は暗躍するだけで、最後の最後まで その人物に制裁は加わらない。
そして彼のやっていることは単純な犯罪であることも笑えない。

いつものように勘違いから起こる騒動ではなく、
状況が進むほど笑いの総量が倍加するような仕掛けもない。
ただただ理不尽に生徒が困る様子だけが続く。


そして、もう一人の元凶ともいうべき新キャラの沈黙も気になった。

これまで、遠慮がちな まい や西野が誤解によって関係性を悪化させることはあったが、
彼らは問題を溜め込まずに、即座に解決に向けて動くだけの勇気を持っていた。

だが今回、新キャラは文化祭の最後まで とある秘密を胸に抱えたままでいる。

これが実に隔靴掻痒というか、本書らしからぬ歯に物が詰まった感じを生み出してしまっている。

それが最後の勧善懲悪のためとは分かっていても、
本書の雰囲気とは合わない自己保身が目に余った。


んな中、面白かった&感心したのは前半での突然 開催された学校内合コンとその副賞の使い方。

参加者6人中、本気の人が2人しかいなくても、白熱する学校内合コン。

f:id:best_lilium222:20210126031545p:plainf:id:best_lilium222:20210126031540p:plain
ここは邪魔者がいない理想の世界。加賀 樹、遠慮なく先輩を落としにかかります!

何かと自分のポイントを稼ぎたい男女の積極的な行動が笑いを生みます。
そうして全員が合コンに本気を出すために、男女で一番好感度が高かった者に贈られる
副賞の「ささやかなお願い券」が考案された。

そして その合コンの顛末を嫌がらせのように、というか嫌がらせで報告する加賀の性格の悪さも良い。

西野は まい に対して、加賀の「ささやかなお願い券」のお願いを聞かないように、
と釘を刺したりしないんですかね。独占欲 強いんだから。


この「お願い券」の使い方には感心させられた。

男性側の受賞者・加賀は文化祭で私利私欲のために使い、
その効果を1秒でも長くするために嘘までついている(腹黒い人である)。

そして女性側の まい も、加賀に対して あるお願いをするのだが、それが実に まい らしい。
さすが雪紘の妹というか、頭が回るのだろう。
遠慮だけでなく、こういう気遣いが出来るところが好感を持つところだ。

ただ、加賀の自分への好意も含めて自由自在に彼を操っているとしたら、とんでもない女性である。

まい は西野と長年連れ添っていく中で、
西野を立てつつも自分のしたい方向に物事を進む術を身に着けるかもしれない。

西野家の人間は、七瀬家の人間の手のひらで遊ばれる運命なのかもしれない。

兄友 7 (花とゆめCOMICS)

兄友 7 (花とゆめCOMICS)

兄友 7 (花とゆめコミックス)

兄友 7 (花とゆめコミックス)