言いたいことは完結に。

Compactly Completed Comics

三角関係の三人が同じ恋愛の神様に祈ったら 誰のを叶えてくれるん?

f:id:best_lilium222:20200509115018j:plain
桃森 ミヨシ(とうもり みよし)
ハツカレ
第8巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

チロはハシモトくんの笑顔が大好き! でも、もっといろんな表情を見せてほしい。そう思ったチロは、ついハシモトくんにキツいことを言ってしまい…。ヘコむチロにハシモトくんは!?

簡潔完結感想文

  • 本音を隠して「いい顔」ばかりするハシモトにチロは不満がたまって…。
  • 修学旅行編。期間限定ちょっとした有名人になったハシモトに事件が…。
  • チロの結論、イブシの決着、そしてハシモトの覚悟。三者三様の「友情」。


日程が重なった女子校と男子校の2校の修学旅行は、イブシの恋の卒業旅行でもある8巻。

イブシの長年の恋心(下手をすれば幼稚園から)がついにチロ(ちひろ)に露見したことによって関係性が変わる高校生たち。
その問題は順調な交際を重ねてきたチロとハシモトにまで及ぶ。
ハシモトはイブシに男として人として敬意を持っているからこそ、自分の不甲斐なさに悩む。
そんな劣等感を覆い隠そうとハシモトはチロに笑顔で接するが、ハシモトを観察することに長けているチロにはその偽りが透けて見える。
物分かりが良いふりをして本音を隠すハシモトとの関係を救ったのは、イブシの写真で…。

f:id:best_lilium222:20200527195209p:plain
ハシモトの偽りを看破するチロ
恋愛におけるハシモトの優等生っぷりは、穏やかな毎日の代わりに喧嘩もできない関係性を構築しようとしますね。
しかも優等生と言っても筆記試験ばかり得意で、現実の問題への対処が苦手なタイプだから、相手の対応を見て手法を変えるなんて器用なことが出来ない。

そんなハシモトを陰でアシストしてきたのが悪友イブシ。
再開して早々チロに暴言を吐いたり、バイクの教習所で暴れて骨折したり余計なことしかしないイブシだが、その余計なことがチロとの日常に彩りを添えていた、のかもしれない。
そんなイブシは転校間近。もはやチロへの想いを隠そうとしないイブシの攻勢をハシモトは危惧する。

女性が2人の男の子に言い寄られるパターンはよくありますが、こうして男の子側の葛藤までしっかり描かれているのが本書ならではの特徴。
以前も書きましたが、これは出会ってすぐに交際が始まった物語だからこそ浮かび上がる問題なのだ。
確かに同級生でずっと片想いだった女の子が想いが届いて交際する場合と違って、厳しいことを言えばハシモトのアドバンテージって順番だけなんですよね。
上述したようにハシモトの優等生っぷりは悪くはない。しかし彼は夫にしたいタイプかもしれない。
少女漫画の彼氏としてはイブシに乗っかている設定の方が相応しい。
口は悪いがその裏では彼女一筋の切ない片想い、天才カメラマン、長髪の美形などなど、キャラとして立っているのはイブシだ。

チロを巡るハシモトのイブシへの対抗意識は、作品内の人気をイブシに食われだしていることへの抵抗とも読めますね。
「ひとりじめしたいんやっ」「俺にしてほしいって思わせてみせるから」、人気獲得のために大胆発言を繰り返します。

もしかしたら作者の中にもイブシのキャラ立ちや人気が問題視されて、正ヒーローであるハシモトの地位を守るためにイブシを作品の枠の外に追放するための転校かもしれませんね(なわけない)。
なんて思っていたら、次号予告でとんでもない展開が待ち受けていた。
こんなことが続けば最終回には、そして誰もいなくなった、とかあり得るかも…。


今巻の修学旅行中にイブシとチロの関係性には一つの決着がつきます。
それは今までと変わらない関係。
イブシはもちろん、チロにとっても痛みを伴う選択。
だけどそれ以上に今までの楽しみを これからの喜びに繋げる方法。
イブシもまた「おまえを好きなん やめたことない」「…ずっと やめれんかったし やめんけど」と応える。
イブシは初めてチロに対して「好き」という言葉を使いましたね。

f:id:best_lilium222:20200527195313p:plain
イブシの伝えたかった想い
ハシモトも葛藤の末とはいえチロにイブシに近づくなとは言わなかったし、チロの親友・ちゃこちゃん(ちやこ)を含めた4人が4人とも「みんな」の空間を守ろうとしている関係性が素敵です。
恋愛に負けないぐらい、ほろ苦さを含む青春が描かれているのも本書が秀逸な点だと思う。
特に同性同士の友情の描き方に惹かれます。
ハシモトはイブシの才能や熱意に引け目を感じる部分があって、イブシもハシモトの自分とは違う素直さをチロへの好意を信じている。
切磋琢磨という言葉が相応しいライバル手前のライバル関係。


今巻は ちゃこちゃんの影は薄め。
ただ、イブシとチロ、そしてハシモトの3人のことも ずっと見守っていたようです。

少なくともチロの前では嫉妬や、それによる理不尽な叱責をしない彼女は強いですね。
親友の好きな人が自分を好き、という絶対に親友との仲がこじれる展開も、ちゃこちゃんのような人間はそれを回避できるのですね。
チロ自身も強いが、こうしてチロを泣かすような人がいないのも本書の優しさだと思う。


そんな ちゃこちゃんのことをハシモトが初めて名前で呼ぶ。本名の ちやこ さん呼び。
『1巻』から会ってる彼女に、これまでどうやって意思を伝えてたりしてたんでしょうか。
ハシモトは中学まで共学生活とはいえ女性に無意味に愛想を振りまくタイプじゃないし、チロ以外に気軽に話しかけてる場面もありませんね。
この堅物さはチロとしては安心だろうけど、色気を感じないところでもありそうです。

ちゃこちゃんは、チロが恋に夢中でもハシモトに至らない点があれば全力で反対しそうですね。
そんな彼女が反対しないし、何なら彼女のお墨付きだ。自信を持つんだハシモト!