言いたいことは完結に。

Compactly Completed Comics

ロマンス詐欺。グループ交際は楽しかったです。でも二人で約束してもドタキャンばっかりで…。

f:id:best_lilium222:20200225133619j:plain
ぢゅん子(ぢゅんこ)
私がモテてどうすんだ(わたしがもててどうすんだ)
第12巻評価:★★★☆(7点)
   総合評価:★★★☆(7点)
 

花依の幼なじみ・三星を助けようとして、崖から転落してしまった六見。自分を責め、毎日看病を続ける花依。なかなか意識が戻らない六見に、なんと花依が――!? とうとう花依の恋に、決着が!

簡潔完結感想文

  • 花依の看護。絶望の淵で人が信じるのは宗教のような信奉するもの。
  • 最終回。愛を知った花依は、あの日皆から告白された場所で返事する。
  • 新キャラ投入。何を驚きで? こういう漫画だってご存じでしたよね。


表紙の通りの12巻。紆余曲折はあったけど、いい最終回だった。うぅ、最終回で良かったのに…。

…って、このまま続けてどうすんだ⁉
今までは中だるみ、これからは蛇足。
名称が違うだけで非難されるのには変わりがない。
これまでの内容でも作者自身の発想の枯渇が垣間見られるのに、このまま続けてもこれまで以上の展開は出てこないだろう。
続けるために投入される新キャラに新展開。
まさかあのネタが使われるとは色々な意味で開いた口が塞がらない。
ミステリにおける第一被害者が犯人みたいなどんでん返しだ。
一瞬、これは七島フラグが立ったってこと⁉と色めき立ったが、それはない。

なぜならもう花依の中で答えが出てるから。
既に次元の違う勝負の決着はついてるのだ。
その答えのための10数巻だったのだ。
でもこれじゃあ、この展開じゃ何のために10数巻を使ったのか分からないよ。
なんでこんな全てを無に返すようなことするの。
返して、感動を返してよぉぉーーー。
と六見復活を祈る花依の如く、私たちは花依の失われた正気が戻ることを祈るのだった。

f:id:best_lilium222:20200604025833p:plain
花依は錯乱するほど六見の帰還を願う
そう感動したのだ。
崖から落ちて意識が戻らない六見先輩のため、病院に泊まり込んで看護する花依。
時々、想像の斜め上をいくような行動を取ってナンバーズの面々を一層心配させる。
文字通り身を削って看護して、涙を流して先輩の帰還を願う花依の姿は痛々しい。
元気玉」とか「錬成陣」とか色々と方法は間違っているように思うが、花依の心にあるのは六見の帰還ただ一つ。
それは純粋で美しい気持ちだ。

崩れゆく崖の上で三星を守ることが花依のためになると考えた六見と、花依を守ることに精いっぱいだった自分を比べる五十嵐。
確かに崖の上にこの二人が残っているのも象徴的だった。
2・4・7は崖には到着しなかった一次審査落選組、そして5・6で争われた最終審査で残ったのが六見なのだろう。
審査には残ったけど崖からは落ちましたが…。
五十嵐の行動も間違ってはいなくて、六見の精神がそれを上回っただけだ。


意識の戻らない六見が見る、六見という人物像が語られる過去編。
自分という人間、花依との出会いから今までのこと、そして重なる意識と現実。
ネタとして使用したパロディが意味を持つのは面白い構成ですね。
花依の六見への独白が実は会話になっていたという展開も素敵だ。
そしてこれまで王子の隣には王子が相応しいと思っていた花依が、眠り続ける六見のために交わす口づけ。
童話の王道とは逆のパターンというのもこの漫画ならでは。

六見が触れた手の熱さを知った花依は、自分から決着をつける。
あの日皆から告白された屋上に立ち、胸を張って告白する花依の姿、そしてそれを聞く各人の表情に様々な思いが去来する。
彼らが積み重ねた何年分かのループの思い出を持つ身としてはほろ苦さも感じる。

f:id:best_lilium222:20200604025919p:plain
三回目の屋上イベント。そして三度目の正直。
二人が恋人になっても物語は続く。アニメだって続く。

ここにきて禁じ手を使ってきましたね。
今の花依をそちらの方向に導くのは原典しかない。
原点に立ち返る、それはネタとしては面白い。
それは分かるんだけど…。

これまでも本書の「リセット機能」はナンバーズの関係性を引きずらないよう便利に使われてきましたが、花依自身までリセットされるとは思わなかった。
もしかしたら花依は選ばれなかったナンバーズのファンたちの恨みや嫉妬から六見先輩を守るためにこんな行動をしているのかもしれない。
カップル揃って何と美しい自己犠牲の精神。
そう思おう。
そう思わないと花依が大っ嫌いになりそうだ。
脳内メモリーから彼女のことを消したいぐらいに。

ちなみに消すと言えば『前巻』三星の件は、お金で揉み消した模様。
そして花依のアニメキャラ「朱ちゃん」依存は三星の件とは関係なく終わった事が語られる。
これは三星の存在意義をゼロにするのと、次の展開への仕込みでしょうね。

にしてもアニメの架空キャラに対して勝手に妄想して勝手に裏切られたと烈火のごとく怒り、メモリーから消去する。
怖いねー。って、私も同類?


三星がフェードアウトしたと思ったら、新たなる数字、8・八城が登場。
六見の同級生でそして花依とアニメ「ミラ・サガ」仲間であることが判明した男。
さて、この男はフェードアウトしつつあるこの物語に最後の輝きを見せられるか。