言いたいことは完結に。

Compactly Completed Comics

やさしい人に 抱かれながらも 強い男に ひかれてく『魅せられて』

f:id:best_lilium222:20200414174858j:plain

遠山 えま(とおやま えま)
わたしに××しなさい!(わたしに しなさい! または わたしにバツバツしなさい!)
第11巻評価:(点)
  総合評価:★★★(6点)
 

わたしの恋人になりなさい。時雨と晶、どちらかを選ぶ「恋人デートミッション」。ふたりの想いにふれ、雪菜はついに恋人を決める。でもそれは、もう一人との別れを意味していて…。そんな中ライバル・ドルチェとの映画化をかけた小説バトル企画が持ち上がり⁉

簡潔完結感想文

  • 恋人決定。時雨の想いを理解しないまま晶のもとに走る雪菜。
  • 小説バトル企画。時雨がモデルの伯爵の活躍を期待されるが…。
  • 自分の快楽ばかりを求めていたと知った時、雪菜は時雨に…。


全身全霊で間違えて、冒頭から意外な展開の連続に目を丸くする11巻。

そして一つの結末というより壮大な前振りのようにしか思えない11巻。
晶は踏み台ですよね。
これは晶自身も自覚しており、デートの最後に「けっきょく ボク…雪菜ちゃんに意識してもらえなかったね…」と語っているところからも推察できることだろう。
例えかりそめの関係であっても、雪菜が時雨ではなく自分のそばにいてくれたことが何より嬉しいことなのは確か。

その晶との制限時間ありのデートで最後に訪れた場所は晶の家。
これまで初恋の先生の家や時雨の家にも気軽に入って行った雪菜だが、心身ともに一番近い場所であるはずの晶の家に入るのは緊張する様子。
というのも、晶が自分を無害ないとこではなく男として見てもらうために、これまでの「信頼をこわ」そうとしているからだった。

この時の雪菜の「さすがの私も身の危険を感じるぞ」の、さすが、って何なんですかね。
今巻は(でも?)雪菜の気持ちの一つ一つに苛立ってしょうがありませんね。
そういう構成で、そういう場面で、文句を付けるのも無粋だけど。


恋人決定の前に時雨から「体じゃなくて 気持ちを求めてほしい」と改めてミッションや肉体的接触ではなく、自分を見てほしいと乞われる雪菜だったが、雪菜の返答は「できるわけない」。
ビッチ感、ここに極まれり、って感じですね…。
雪菜のこの欠損ともいえる、他者の心情を思い遣れない性格はどこからきているのでしょうか。

雪菜が晶の境遇で、幼い頃に両親を亡くしたがゆえに、晶やその家族以外の存在を必要としなかったという設定なら分かるのですが、雪菜はこれ以上ないほど大切に育てられてきた。
これは目つきが悪いということを理由にして他者と関わってこなかったからですからかね。
(ケータイ)小説家という設定と相反しているのが気になる。
雪菜が多く触れてきただろう書物は彼女の心には何も作用してこなかったことになる。


この後も雪菜のビッチ感は続き、晶では満足できなくて常に時雨を求めている。
わざと語弊のある書き方をしましたが、全ては小説のため。
恋人ができても決して満たされず、やはり実体験がないと一向に書けない無能なユピナ先生。


しかし曲がりなりにも雪菜が下した恋人の選択が小説バトル企画を知らされる前でよかったですね。
もし打診されたのが、晶を選ぶ直前であっても小説のためという理由だけで時雨にUターンする女ですからね、雪菜は。
やはりケータイ小説にも編集・制作サイドがいるんですね。
そちらは実体験がないから小説をお休みし続けるユピナ先生のことは放置なんでしょうか。
それとも、ただ同然の執筆料で、アホな女子中学生が群がってくるおいしい商売なのでしょうか。

この順番も実は大切で、映画化の企画は時雨との繋がりになる最後の蜘蛛の糸なんですね。
時雨の代わりに伯爵の気持ちになって初めて分かる、自分が時雨に命じていた数々の心のないミッション。
そして初めて時雨に向き合うことで失ったものの大きさを知る雪菜。

ここからは攻守交替ですかね。
時雨は言うべきことを言って、結果的に選ばれなかった。
そして今度は雪菜が時雨に言わなければならないことを言う番だ。
だが、運悪く、時雨に会えないまま夏休みに突入して…。


間違え続けている雪菜だけれど、ちゃんと貞操を守って(?)、小説の恋愛相手を時雨の伯爵から晶のナイトに変更予定だったんですね。
編集サイドはこれまでの文脈から当然、伯爵を相手とみなしていたが、雪菜は方向転換をする方針を出していた。
あの雪菜も映画化という餌を目の前に垂れ下げられたら、意向に沿って全速力なんですね。
所詮、資本主義の犬か(笑)

ここで雪菜が我を通して、小説として支離滅裂になって人気も急落、読者からも非難の嵐という展開も、アンチ雪菜派としては見てみたかった気もする。
読者が喜ぶ小説を書くを使命としていた雪菜が、プライベートな恋愛を持ち込んだことで読者から離反される。
そしてもう二度と小説に私情を挿まないと小説家としてステップアップするのだ。