言いたいことは完結に。

Compactly Completed Comics

三角関係の三人が同じ恋愛の神様に祈ったら 誰のを叶えてくれるん?

f:id:best_lilium222:20200509115018j:plain
桃森 ミヨシ(とうもり みよし)
ハツカレ
第8巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

チロはハシモトくんの笑顔が大好き! でも、もっといろんな表情を見せてほしい。そう思ったチロは、ついハシモトくんにキツいことを言ってしまい…。ヘコむチロにハシモトくんは!?

簡潔完結感想文

  • 本音を隠して「いい顔」ばかりするハシモトにチロは不満がたまって…。
  • 修学旅行編。期間限定ちょっとした有名人になったハシモトに事件が…。
  • チロの結論、イブシの決着、そしてハシモトの覚悟。三者三様の「友情」。


日程が重なった女子校と男子校の2校の修学旅行は、イブシの恋の卒業旅行でもある8巻。

イブシの長年の恋心(下手をすれば幼稚園から)がついにチロ(ちひろ)に露見したことによって関係性が変わる高校生たち。
その問題は順調な交際を重ねてきたチロとハシモトにまで及ぶ。
ハシモトはイブシに男として人として敬意を持っているからこそ、自分の不甲斐なさに悩む。
そんな劣等感を覆い隠そうとハシモトはチロに笑顔で接するが、ハシモトを観察することに長けているチロにはその偽りが透けて見える。
物分かりが良いふりをして本音を隠すハシモトとの関係を救ったのは、イブシの写真で…。

f:id:best_lilium222:20200527195209p:plain
ハシモトの偽りを看破するチロ
恋愛におけるハシモトの優等生っぷりは、穏やかな毎日の代わりに喧嘩もできない関係性を構築しようとしますね。
しかも優等生と言っても筆記試験ばかり得意で、現実の問題への対処が苦手なタイプだから、相手の対応を見て手法を変えるなんて器用なことが出来ない。

そんなハシモトを陰でアシストしてきたのが悪友イブシ。
再開して早々チロに暴言を吐いたり、バイクの教習所で暴れて骨折したり余計なことしかしないイブシだが、その余計なことがチロとの日常に彩りを添えていた、のかもしれない。
そんなイブシは転校間近。もはやチロへの想いを隠そうとしないイブシの攻勢をハシモトは危惧する。

女性が2人の男の子に言い寄られるパターンはよくありますが、こうして男の子側の葛藤までしっかり描かれているのが本書ならではの特徴。
以前も書きましたが、これは出会ってすぐに交際が始まった物語だからこそ浮かび上がる問題なのだ。
確かに同級生でずっと片想いだった女の子が想いが届いて交際する場合と違って、厳しいことを言えばハシモトのアドバンテージって順番だけなんですよね。
上述したようにハシモトの優等生っぷりは悪くはない。しかし彼は夫にしたいタイプかもしれない。
少女漫画の彼氏としてはイブシに乗っかている設定の方が相応しい。
口は悪いがその裏では彼女一筋の切ない片想い、天才カメラマン、長髪の美形などなど、キャラとして立っているのはイブシだ。

チロを巡るハシモトのイブシへの対抗意識は、作品内の人気をイブシに食われだしていることへの抵抗とも読めますね。
「ひとりじめしたいんやっ」「俺にしてほしいって思わせてみせるから」、人気獲得のために大胆発言を繰り返します。

もしかしたら作者の中にもイブシのキャラ立ちや人気が問題視されて、正ヒーローであるハシモトの地位を守るためにイブシを作品の枠の外に追放するための転校かもしれませんね(なわけない)。
なんて思っていたら、次号予告でとんでもない展開が待ち受けていた。
こんなことが続けば最終回には、そして誰もいなくなった、とかあり得るかも…。


今巻の修学旅行中にイブシとチロの関係性には一つの決着がつきます。
それは今までと変わらない関係。
イブシはもちろん、チロにとっても痛みを伴う選択。
だけどそれ以上に今までの楽しみを これからの喜びに繋げる方法。
イブシもまた「おまえを好きなん やめたことない」「…ずっと やめれんかったし やめんけど」と応える。
イブシは初めてチロに対して「好き」という言葉を使いましたね。

f:id:best_lilium222:20200527195313p:plain
イブシの伝えたかった想い
ハシモトも葛藤の末とはいえチロにイブシに近づくなとは言わなかったし、チロの親友・ちゃこちゃん(ちやこ)を含めた4人が4人とも「みんな」の空間を守ろうとしている関係性が素敵です。
恋愛に負けないぐらい、ほろ苦さを含む青春が描かれているのも本書が秀逸な点だと思う。
特に同性同士の友情の描き方に惹かれます。
ハシモトはイブシの才能や熱意に引け目を感じる部分があって、イブシもハシモトの自分とは違う素直さをチロへの好意を信じている。
切磋琢磨という言葉が相応しいライバル手前のライバル関係。


今巻は ちゃこちゃんの影は薄め。
ただ、イブシとチロ、そしてハシモトの3人のことも ずっと見守っていたようです。

少なくともチロの前では嫉妬や、それによる理不尽な叱責をしない彼女は強いですね。
親友の好きな人が自分を好き、という絶対に親友との仲がこじれる展開も、ちゃこちゃんのような人間はそれを回避できるのですね。
チロ自身も強いが、こうしてチロを泣かすような人がいないのも本書の優しさだと思う。


そんな ちゃこちゃんのことをハシモトが初めて名前で呼ぶ。本名の ちやこ さん呼び。
『1巻』から会ってる彼女に、これまでどうやって意思を伝えてたりしてたんでしょうか。
ハシモトは中学まで共学生活とはいえ女性に無意味に愛想を振りまくタイプじゃないし、チロ以外に気軽に話しかけてる場面もありませんね。
この堅物さはチロとしては安心だろうけど、色気を感じないところでもありそうです。

ちゃこちゃんは、チロが恋に夢中でもハシモトに至らない点があれば全力で反対しそうですね。
そんな彼女が反対しないし、何なら彼女のお墨付きだ。自信を持つんだハシモト!

自分から「好きだ」とも相手から「すきや」とも言われないまま終わる 俺のハツコイ。

f:id:best_lilium222:20200509114940j:plain
桃森 ミヨシ(とうもり みよし)
ハツカレ
第7巻評価:★★★★(8点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

春休み、ニコマのカメラマンとバイクでツーリングに出掛けたハシモトくん。そんな中、チロの許に、イブシから分厚い手紙が送られてきて…!? ハシモトの「ハツカノ」完結編も収録。

簡潔完結感想文

  • ハシモト一世一代の告白。あの日の勇気が、今の幸せと関係性に繋がっている。
  • イブシの転校。そのことをチロに伝える際に伝わってしまったイブシの想い。
  • チロの葛藤。操を立てることこそ女の本分。やっぱり明治時代の女の人みたい。


実った初恋と 実らなかった初恋の7巻。

『6巻』の後半から続く、高校入試前後から駅で見かけたチロを見染めていたハシモトサイドのお話もいよいよ大詰め。
ハシモトの方はかなり好きという感情が高まってのチロへの第一声だったことが判明する。
以前も書きましたが、お見合い結婚のように一緒に時間を共有することなく交際が始まった二人。
それでも お互いに幻滅することなく、好きだけを育てていっているって本当に素敵なことです。

もしかしたら最終回にこのお話を持ってきても良かったかもしれませんね。
告白から始まって、この逆サイドのエピソードゼロの告白で終わる円環構造にするとか。
でもここで扱うからこそ、その後のイブシとの対比が活きるわけだし、ハシモトの心情の理解にも繋がっているからベストなタイミングかも。
自説をすぐに却下してみました…。

f:id:best_lilium222:20200527194322p:plain
当初比で130%は美化されてる⁉
ハシモト目線の贔屓目が入っているからか、作者の画力が向上したからか、ハシモトが声を掛けた時のチロが随分と美化されてように思う。
巻が進むごとに人物の描写や顔の表情、背景に至るまで線がシャープになっていってますね。
良くも悪くも手描き感あふれる線も、本書の内容とよくマッチしていると思っていたのですが。
あまりにもチロが美少女化してしまうとテーマがぶれてしまうので、導入の『1巻』があの感じだったのは作品にとって僥倖だったかもしれません。
デビューの頃から画力が向上していく様子が分かるのは読者として嬉しいですね。
描き方が過剰になってしまったり、手を抜いたりしてしまったりするので、いい加減で保持してほしいところですが。


『1巻』でのハシモトとチロが初めて放課後を過ごした日のことはハシモト母が目撃していたことが判明。
実父とは死別なのか離婚なのかはわかりませんが、ハシモトの家は母子家庭(『9巻』で離婚と判明)。
母は芸者さんで、ハシモトは母の身支度を手伝うぐらいは出来るらしい。意外です。
母子二人きりなので普通の母子よりは距離が近めですね。
チロもいつか直接 対面する日が来るのでしょうか。


前述のとおり告白シーンから始まる本書ですが、『1巻』ではチロ側が聞いたハシモトの言葉の要約しか書いてなかった。
ですが、今巻の詳細な告白シーンによるとハシモトは結構な情報量をチロに話したんですね。
まぁ、そうでなければ「友達として」のお付き合いもしないですもんね。
確かに女子校育ちのチロがよくOKしたなと思ってましたが、このぐらい誠実なら話ぐらいはしてもいいと思える。

チロに「好きや」と言われた時のハシモトのガッツポーズ、『1巻』の時点では「彼女」が出来たことにばかり喜んでいる前のめりな男の子という印象でしたが、このハシモトサイドの話を読むと、腑に落ちますね。

母も認めるほどいまいち垢抜けないハシモトですが、これまでだって女子人気は決して低くないはず。
ハシモト側のお話で登場した、ハシモトの制服のネクタイやボタンをもらってあげる体(てい)で回収しようとした中学時代の同級生の女子も好意があってのことだろう。
その外見だってチロに提案を受け入れさせる材料となったはず。


そして次巻と巻をまたいで物語の中心になるのは学校生活のメインイベント・修学旅行。
恋人または好きな人の学校が別の場合は、相手の学校と修学旅行の行き先と日程が丸被り、少女漫画あるあるですね。アルコ・河原和音さんの『俺物語!!』でもありましたね。

行き先はイブシが小学校・中学校時代を過ごした場所の近く(モデルは横浜?)。
イブシはその場所に暮らしてた時間の方が長いけれど、関西弁は抜けなかったのですね。

そして何とイブシはもうすぐそちらにある学校に転校を考えていることが判明。
チロやちゃこちゃんがそのことを知る時、物語は新たな展開を見せていく…。

にしても今回のコンビニポスターの写真撮影でツテが出来たので転校を決意したとはいえ、イブシはどうして高校をこちらで選んだんでしょうね。
カメラマンの父というワードだけで最後まで姿を見せない父はいるものの、母の存在は感じられない。
今は祖父と同居しているのかな? この辺の設定は謎のままです。


イブシの部屋にあった書類を見て彼の転校を知って、涙を流す ちゃこちゃん。
偶然その場に足を踏み入れてしまったハシモトは、彼女の涙に動揺する。
「目の前で女子に泣かれたことはじめてで」慌てふためくばかりのハシモト。
そう言われてみれば、確かにチロは泣いてませんね。
それだけ幸せなことが続いてきたからなのか、それだけ彼女が強いからなのか。


チロはイブシからそれとなく転校の話を匂わされ、そしてその会話の流れからイブシの自分への好意を嗅ぎ取る。
ついにこの展開がやってきましたね。
それが自分からチロに告白するのではなく、チロから本意を聞かれるのがイブシらしい展開です。
更には、好意をほぼ認めながらも最後に全否定してしまうのもイブシらしいです。
どんな言葉でも、どんな状況でもチロの気持ちが揺るがない報われなさもまた、イブシらしいのです。申し訳ないけれど。

f:id:best_lilium222:20200527194041p:plain
この地を離れることを伝えるイブシ
チロはチロらしく、ハシモトを立てて行動する原理があって、それ故にイブシとの縁を一切断とうとする。
この懊悩の場面でも泣いたりせず、そして誰かに相談したりせずに自分で悩み続けるのがチロらしい強さですね。
この場面が自分本位のヒロインにならないのは、これまでの物語に説得力があり、ハシモトとの関係性がしっかり描かれているからに他ならない。
そしてそんな彼女の、自分への義理立ても含めた姿勢を認め、そしてその楔から解放しようとするハシモトの格好良さも光った。
f:id:best_lilium222:20200527194610p:plain
イブシとはともだちになれないと告げるチロ
いつまでも同じ関係性ではいられないけれど、イブシがいない本書は少し明度が落ちるのではないかと今から心配だ。

ポスターになった あなたの顔写真に 私ならラクガキじゃなくて 口づけしちゃうかも…。

f:id:best_lilium222:20200509114848j:plain
桃森 ミヨシ(とうもり みよし)
ハツカレ
第6巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

偶然、イブシと出会ったチロ。突然、イブシに手をとられるが、チロは思わず振り払ってしまう。そんな中、ハシモトくんのポスターが貼り出されて、チロは…!? ハシモトの「ハツカノ」編も収録。

簡潔完結感想文

  • ハシモト広告デビュー。客観的にポスターの彼を見て湧き上がってくる気持ち。
  • 寝込みを襲う人。好きという気持ちが一緒の二人。印象的なシーンになりました。
  • side ハシモト「ハツカノ」。中学時代の終わり頃からあなただけ見つめてる


巻を重ねても好きという気持ちが純粋に湧き上がってくる6巻。

作中での交際期間は、年も明けて7,8ヵ月ぐらいで、現実の連載では2年が経過した頃だろうか。
その間、好きの鮮度を一定以上に保ったままに物語が展開されていく点が本当に凄い。

物語には強烈な存在のイブシがいるけれども、彼がいることと主人公・チロとハシモトの好きの間に直接的な関連性はない。
イブシがチロのことを好きなのをハシモトは認知していて、ハシモトの方は同性として負けていられないという意識はある。
が、それによってチロを束縛したり、イブシから遠ざけたりはしていない(イブシとチロの距離感には悩んではいたが)。
そしてチロの方はイブシが自分のことを好きなことを感知していない。
今巻の冒頭で珍しくイブシがチロの手を引いて歩くが、チロはハシモトの存在が浮かんでイブシの手を振りほどく。
チロにとって揺るぎないほどハシモトという存在は特別なのだ。

逆にイブシにとっては手を握ることさえハシモトの専売特許だと痛みを伴う現実が辛いですね。


今巻はそんなチロ側に好きが溢れ出している巻ですね。

f:id:best_lilium222:20200527192710p:plain
イブシ撮影のハシモトの写真がポスターに!
コンビニのポスターに起用されたハシモト。
駅のホームでも学校でも実物の彼は注目の的、話題の中心。
ちょっとした有名人になることで距離が変わるかもという恐れは既に払拭しているチロ。
なぜならハシモトを好きという気持ちは変わらないから。
チロのなかで少し変わったことといえば、ポスターのハシモトを客観的にみたこと。
外見だけのハシモトを見て、その声、その喋りを想像を膨らませるチロ。
そして朝のホームで実際に会う彼に思わず…。


チロの「思わず…」はその次も続く。
数か月前、勇気を振り絞って声を掛けて、自分とのキョリをなくそうとしてくれたハシモト。
そして今、勉強による寝不足で寝入っている彼とのキョリをなくそうとするチロ。

予期せぬ場面で初キスになりました。
ハッキリ言って、全然ロマンチックではありません。
でも湧き上がる衝動がチロにはあって、そこにたまたま動かないハシモトくんがいて、そこがたまたまイブシの部屋だったということです。
逆に夜景の見える場所でキスしていたら、本書らしさは失われていたでしょう。
そしてチロの側から顔を近づけるというのも、このカップルらしいと言えます。
ハシモト側には未遂・失敗の経験がありますから、今度はチロで、チロから動くことで二人の気持ちが高いレベルで同じだということが表れます。

その場は黙って立ち去ってしまい、ハシモトは知らず仕舞いですが、罪悪感もあって黙っていられないチロは、翌日には勇気を振り絞ってハシモトに事実を告げる。

f:id:best_lilium222:20200527192942p:plain
ハシモトに白状するチロ
この場面、ハシモトも前日のチロの異変を感じ取っており、チロも嫌われるかもしれない恐れからすぐに立ち直っているのが良いですね。
そして恐怖と対峙してでも秘密を告げるのは、あの日、告白したハシモトとダブる心境であった。
このシンクロから、ハシモトサイドの「あの日」が語られる前日譚に移行する構成が美しいですね。

ハシモトは自分に初キスの記憶がなくても、交際した日のようにガッツポーズして声を上げてます。
そんな喜び方もハシモトらしいので、とやかく言うことはありませんが、これって嬉しいんでしょうかね。
寝てる間にキス、男子→女子の場合は、後々、サイテーと怒られるパターンですけど、
逆の場合、例え初キスであっても喜ぶ場合の方が多いのかな。
減るもんじゃないし、ましてや好きな女の子の方からしてくれたら男冥利に尽きるのでしょうか。ぶっちゃけ人によるでしょうね。


頭頂ではなくて後頭部で髪を結んだイブシは、ただの美形キャラですね。
学園漫画の3年生の生徒会の先輩か文学部部長という感じにも見えます(喋らない限り)。

チロの友人・ちやこ にまでチロを好きという感情を隠さずに出し始めたイブシ。
分をわきまえた付き合いをすると決めたみたいですが、好きという溢れ出す想いは誰にも止められない。
彼にも「思わず…」の瞬間が来るのでしょうか。
ここ数巻メインのような働きだった彼ですが、今回は脇役らしい脇役でしたね。


このご時世、飲酒する描写なんて出版社や社会が許さないから、未成年が酔っぱらうには甘酒でがギリギリの描写なんですかね。
先日、感想を書いた水瀬藍さんの『なみだうさぎ』でも甘酒で女性が乱れるお話がを読んだばかりだったので、私の中でシンクロした感じです。


ちなみに作中でハシモトの写真が起用されたコンビニのおにぎりキャンペーンの「あなたの手作りにはかなわないけど。」というキャッチコピーは違和感がある。
そんなネガティブなフレーズ入れたら購買意欲が削がれます。
ポスターの写真で食べてる おにぎりもコンビニのではなくチロの手作りおにぎりだし。

そういえば撮影はイブシなんですよね。
高校生写真家という設定は上述の『なみだうさぎ』や福山リョウコさんの『悩殺ジャンキー』でも見られる。
高校生でも伍することができる(と思える)ので特殊性や才能を表すのに便利なんでしょうね。